若かりし頃の引き締まった肌を取り戻せ!リフトアップがもたらす美

女の人

肌のたるみを解消する

笑う婦人

方法は人それぞれ

年齢を重ねるにしたがって、肌がたるんでくるのが普通です。誰しも避けて通ることができない老化現象の一種ですが、たるみの症状が最も顕著に現れるのが頬です。老化で皮膚や筋肉が緩んでしまうため、頬の脂肪が垂れ下がっていくようになります。頬の重さに引っ張られて目元の皮膚も垂れ下がってしまうので、とても老けた印象になってしまいます。また、ほうれい線などのシワも目立つようになるため、悩んでしまう人が少なくありません。老化によって引き起こされた肌のたるみを改善したいのであれば、美容外科クリニックを受診して顔のリフトアップ治療を受けるのが一番です。美顔ローラーを使ったり、表情筋のトレーニングを行ったりする人もいますが、毎日サボらずにそれを続けるのはかなり大変です。また、目で見てわかるほどのはっきりとした改善効果が出にくいため、マッサージやトレーニングを続けるモチベーションを保ち続けにくくなっています。でも、美容外科クリニックのリフトアップ治療の場合は違います。たった1度の治療で別人と見紛うばかりの劇的な改善効果を得ることができるため、とても多くの人が美容外科クリニックでリフトアップ治療を受けています。ただし、顔のリフトアップを目的とする美容整形治療の種類は多種多様です。昔からよく行われてきたのは皮膚にメスを入れるフェイスリフト手術ですが、糸を用いる治療や、高周波や超音波を用いる照射系治療、ヒアルロン酸やボトックスなどの注入・注射系治療等が登場してきています。どの方法にもメリットとデメリットの両方がありますので、それらをよく理解した上で治療方法を決める必要があります。

治療方法を決める際には

これから美容外科クリニックに行ってリフトアップ治療を受けてみるつもりでいる人は、自分が置かれている状況や治療にかけられる予算額などをあらかじめはっきりとさせておくのが望ましいです。改めて言うまでもないことですが、30万円程度の予算しか組めない人が100万円以上かかる治療を受けることはできません。また、術後に仕事を休めない事情がある人が、ダウンタイムが長くかかる治療を受けることも不可能です。そう考えると、自分が受けられリフトアップ治療が自ずと決まってきます。クリニックごとに料金設定がマチマチになっていますが、先程述べたリフトアップ治療の中で一番高額の費用がかかるのはメスで切るフェイスリフト手術です。逆に、一番料金が安く済むのは注入・注射系の治療です。また、フェイスリフト手術のダウンタイムはかなり長いですが、注入・注射系治療の場合はダウンタイムがほとんど不要です。ただし、ここで注意しておくことが1つあります。それは、リフトアップ効果の持続期間の問題です。フェイスリフト手術は、料金が高額な上にダウンタイムも長いため、一見とても不利な手術であるかのように見えてしまいます。しかし、効果持続期間の長さはダントツです。術後に新たに発生する肌たるみまで防ぐことはできませんが、治療によって得られたリフトアップ効果は半永久的に持続します。一方、手軽さや料金の安さで人気になっている照射系治療や注入・注射系治療の効果持続期間は、だいたい半年から3年程度です。一時的に肌たるみを改善することさえできれば十分だという人であればよいですが、リフトアップ効果が長く続くことを望んでいる人は、フェイスリフト手術を受けるようにした方がよいです。