若かりし頃の引き締まった肌を取り戻せ!リフトアップがもたらす美

女の人

顔を引き締めて若くみせる

鏡を見るレディ

顔は加齢とともにしわやたるみが目立つようになり、これらが老け顔の原因になります。若いうちからしわやたるみがあれば、それだけ高齢に見られることになりますが、反対に言えば年齢を重ねてもしわやたるみがなければいつまでも若々しい印象を与えることができます。しわやたるみを改善する方法としては、表情筋を鍛えることや皮膚を保湿するなどがあり、そのための化粧品やアイテムも多く販売されています。しかし、これらは長い時間と努力が必要であり、また改善できる程度も限界があります。このため抜本的に顔を引き締めるものとして美容整形のフェイスリフトアップがあります。フェイスリフトアップは、需要の高い美容整形術であるためさまざまな方法が考案されています。古くから行われているのが余分な皮膚を切除して縫合するものです。この場合には根本的に皮膚を切除してしまうので高いリフトアップ効果を得ることができますが、切開を伴うため傷が残りますし、治癒までに時間がかかり、3ヶ月程度はダウンタイムが必要になります。一方で切開が必要なフェイスリフトアップに代わって近年増えているのが糸を入れる方法です。仕組みとしては返しの付いた糸を皮膚に挿入して引っ張るというものです。糸を入れるだけなので、切開を伴わず、また一部では体内に吸収される糸が使われるのでダウンタイムが短めのメリットがあります。切らない整形であるためプチ整形という扱いになりますが、費用に関してはプチ整形の中では費用は高くなります。

フェイスリフトアップをするメリットとしては、しわやたるみを改善することで若々しく見せるということができるということです。切るタイプのフェイスリフトアップでは根本的に皮膚を引っ張り上げているので全体的にしわやたるみを改善することができるので、しわやたるみを改善するには効率が良い方法とも言えます。ただ皮膚を切除する場所によっては引っ張り上げる方向が限定されるので思ったほどの効果が出ないリスクがあります。一方でプチ整形の一種とされる糸によるフェイスリフトアップでは、その糸の種類によって効果が変わってきます。多くの美容クリニックでは体内に吸収される糸が使われています。糸による引き締め効果は限定的で1年程度とされますが、吸収される糸の周辺には繊維化が起こるとされリフトアップ効果が持続するとされます。また糸の種類によって線維化の状態が異なるため糸選びが重要になります。また挿入できるのは頬の周辺になるためリフトアップで得られる場所も効果も限られてきます。いずれにしてもフェイスリフトアップでは、皮膚を引っ張る方向によって、出てくる効果が異なってくるので手術を受ける前には入念なシミュレーションを行い納得した上で受けることが重要です。美容整形によるフェイスリフトアップの利点としては、化粧品やマッサージとは異なり効果をすぐに実感できるといった点で、人気があります。特に顔の変化は数ミリでも違えば大きく感じるとされ、しわやたるみであれば少し改善するだけでも若々しい印象を与えることができます。