若かりし頃の引き締まった肌を取り戻せ!リフトアップがもたらす美

レディ

顔を引き締めて若くみせる

鏡を見るレディ

フェイスリフトアップは美容整形術のひとつで、皮膚を切除したり糸を挿入するなどして顔の皮膚を引っ張りしわやたるみを改善するというものです。顔のしわやたるみを改善することで顔を若々しく見せることができる効果を得ることができます。

詳細へ

シワやほうれい線を消せる

カウンセリング

別名フェイスリフトと呼ばれるリフトアップ施術は、特徴として顔の引き締めなどの効果がすぐに得られ、施術法によっては半永久的に得られます。現在主流のリフトアップ施術の種類は5種類です。施術後には注意点もあります。ダウンタイムが存在すること、紫外線を避け、飲酒や激しい運動を控えることです。

詳細へ

肌のたるみを解消する

笑う婦人

顔の肌がたるんでいると、とても老けた印象になってしまいます。老け見えの悩みを解消したいと望んでいる人は、美容外科クリニックでリフトアップ治療を受けるとよいです。リフトアップ治療には、フェイスリフト手術・糸を用いる治療・照射系治療・注入系治療などがあります。

詳細へ

メスを使わないたるみ取り

顔を触る女性

選び方のポイント

リフトアップの施術は多くの方法があり選択肢も多くなりました。最近ではメスを使わないでヒアルロン酸注入やレーザー照射による施術が増えてきています。皮膚を切って引っ張り上げるフェイリフトは3回から4回の施術が限界で痛みを伴い傷跡も残りやすいですが、切らない代わりに皮膚の下に糸を入れて上に引き上げるリフトアップは痛みが少なく施術時間も短く終わらせることができます。また、何回でも繰り返し施術を受けることが可能です。糸によりたるんだ箇所を引っ張り上げる方法と糸を皮膚組織に埋め込み引き上げることで皮膚を引き締める方法の2種類があります。また、糸についても美容外科により使用するものが違います。レーザー照射によるリフトアップはレーザーにより皮膚組織とその下の筋肉組織に刺激を与えることでたるみ改善だけではなく肌質の改善をすることができるようになります。ヒアルロン酸注入は皮膚の凹凸を小さくする役割があるためニキビ跡が薄くなる傾向があります。自分がどのような悩みを持っていてどのように改善したいのかをはっきりさせたうえで切らないリフトアップを行っている美容外科を探すと良いです。また、カウンセリングを受けてその他にも気になる場所がある場合には話したうえで自分が納得するまで話すことが大切です。糸により施術を希望する際にはどのような糸を使用し、溶けてなくなるものなのかずっと残るものなのかきちんと確認するようにします。また、どのようなリスクがあるのかについてもきちんと把握することで安心して施術を受けることができます。若かりし頃の引き締まった肌を取り戻せるでしょう。

自分でもできる方法

たるみはどうしても老化現象が進むうえで避けて通れない現象の1つとなっています。皮膚が下がることでほうれい線や目尻、目の下やおでこなどにシワができやすくなります。切らない施術の場合、どうしても切る施術に比べて効果がマイルドになりやすく、部位によっては思ったよりも引き締められないこともあります。また、切らないことで体へのダメージは少なくなりますが戻りやすい性質があるため永久にそのままを維持することが難しく、維持するには定期的に施術を受けてメンテナンスをすることが必要になります。糸を皮下組織に埋没させる方法であれば長期間効果が持続しますが、レーザー照射やヒアルロン酸注入の場合は効果が比較的早く無くなってしまうことがあります。施術を受けた後の状態を維持するために自分でもリフトアップをしていくことが大切です。必要な事は表情筋を動かすことです。鏡の前で首の皮が突っ張るように口の端を思いっきり引く動作をすることで首回りのたるみ改善ができます。頭を左右上下と動かして首の筋を伸ばすようにすることも首回りの柔軟性を上げてたるみ防止に効果があります。口元を拳で押さえて思いっきり頬を膨らませて頬全体と口元全体の皮膚を伸ばすことで顔全体の皮膚を緩めて動かしやすくできます。フェイシャルヨガをすることも効果があります。目を思いっきり動かしたり舌を思いっきり出すなどすることで普段使わない筋肉をあえて動かすことで顔全体の引き締めにつながっていきます。顔の筋力をしっかりつけることで、若々しい状態を維持することができます。